お役立ち情報

43歳自然妊娠44歳高齢出産した私が妊活を続けるためにした10のこと

44歳で高齢出産を経験したのは珍しいケースですが、最近ではhitomiさんや華原朋美さんなど芸能人も高齢での妊娠、出産が増えた影響か、特異な目で見られることはほぼありませんでした。

それでも、知り合いや同僚からこんな声をかけられます。

「がんばったんだねえ」

「よくあきらめなかったね」

「なにか特別なことをしたの?」

もちろん特別なことはなにもないのですが、一点言えるのは、高齢ゆえに妊活をあきらめてしまわない工夫をした点があると思います。

この記事では、43歳で自然妊娠し、44歳で高齢出産をした私が、妊活をあきらめずに続けて工夫したことや継続した内容を紹介したいと思います。

同じような問いや悩みを持つ方の参考になったり、気持ちが前向きになれば幸いです。

43歳で体外受精NGでも妊活を続けた

43歳で妊娠する直前までは高度不妊治療をしており、8回目の採卵結果がNGで移植もできない状態でした。

はたから見たら絶望的とも思える状況で、ときにはこんな自問自答もしていました。

「これ以上大金をつぎ込んで、年齢的に成功確率が限りなく低い高度不妊治療を続ける意味はあるのか」

「この先自然妊娠の可能性だけに希望を見出して時がすぎるていくうちに諦めがつくのを待つのか…」

こんな心理状況ではありましたが、方や自然妊娠の可能性は捨てずに淡々と妊活を続けていました。

その結果、採卵の結果を聞いた次の周期で自然妊娠し、出産に至りました。
「継続は力なり」この言葉を心から実感しています。

次からは、諦めないように工夫したこと、継続してきたことを紹介したいと思います。

 

①昔の高齢出産データを見返す

出産専門のジャーナリストで『卵子老化の真実』の著者、河合蘭氏のインタビュー記事にある、「大正時代は45歳以上の高齢出産した人口が2万人以上いた」という情報を都度思いだしていました。

この出産件数は自然妊娠のため、生物学的に生殖能力がなくなったわけではない、と自分に言い聞かせることで、高度不妊治療については確率が低くても、自然妊娠の可能性については楽観的になることができました。

 

②保険適用の漢方(生薬)を続ける

42歳前後で急に生理周期が27日だったのが短くなり、24日になってしまうことがありました。

原因はわかりませんが、一般的には、卵胞から分泌されるエストロゲンやプロゲステロンの量が減った結果、脳からの司令で卵巣が過剰に刺激され、排卵が早くなる、と言われています。

実際、排卵から生理開始までは変わらず14日だったので、早期に排卵しているようでした。

早期排卵については、クリニックでは対応しない、と言われたので漢方を試すことにしました。

不妊治療専門の漢方薬局などは予算オーバーのため、保険診療で漢方を処方してくれる診療所を探し、保険適用で処方してくれる漢方薬局を見つけ、処方された漢方薬を毎日煎じて飲んでいました。

場所は銀座の歌舞伎座の近く、銀座内科診療所です。穏やかな九鬼伸夫先生に診療してもらうだけで、諦めずに続ける元気をもらえていました。

漢方薬局は診療所から徒歩1分程度の楽天堂薬局で生薬を処方してもらえました。

漢方を毎日煎じて飲むのは大変ですが、じっくり効きく漢方を飲むこと自体が、希望を持ち続ける動機にもなりました。生理周期もその後28日周期になっています。

九鬼伸夫先生の著書はこちら。


記者のち医者ときどき患者

 

③サプリの個人輸入

サプリメントは栄養を補助する食品という位置づけではありますが、より含有量が多かったり大容量でお得なものを入手するため、アメリカから個人輸入していました。

なぜアメリカかというと、国民皆保険制度の無いアメリカは、病院に行くだけでかなりの出費となるため、予防医療や健康管理に対する市場が大きく、高品質のサプリメントが多く販売されているからです。

サプリを飲み続けることで可能性が少しでも上がっていてほしい、そう願いながら飲み続けていました。

購入先は楽天かiherbで最安値のものを都度購入していました。

服用していたサプリはこちら。

DHEA
コエンザイムQ10
Rリポ酸
L-カルニチン

この中でもDHEAはクリニックの先生が一番推しておられ、この本を読んで重要だと感じて服用していました。

 

また、飲むのが面倒になったり、飲み忘れないようにピルケースも準備しました。

 

④睡眠時間の確保

私は「共働き」かつ「3歳児の育児」をしながら二人目不妊治療をしていたため、睡眠時間の確保が難しそうに思いますが、実は睡眠時間は7時間確保することができていました。

スケジュールはこんな感じでした。

18時  保育園から帰宅

21時半 寝かしつけと同時に就寝

4時半  起床

7時半  子ども起床

8時   登園

この通り、上の子の寝かしつけと同時に就寝するようにし、4時半に起床していました。

4時半起床だと、子どもが起きるまでの3時間の間で家事に集中することができ、効率も上がりました。

そして何よりも、ゴールデンタイムと言われ、成長ホルモンの分泌が多い22時~2時にしっかり睡眠がとれていたのは、妊活にもお肌にもよかったと思っています。

 

⑤下半身中心のトレーニング

一人目出産の時、短期間での体力回復とダイエット目的ででパーソナルトレーニング行っていたため、適切なトレーニングをひとりで行うメニューと習慣化は身についていました。

適度な運動はストレス解消やうつ状態を予防する効果があると言われており、運動後は気分が爽快で、必要以上に落ち込まずに済みました。

トレーニング内容としては特に下半身中心にトレーニングしていました。

大腿筋やハムストリングスなどの大きい筋肉を鍛えることは、NHK「サイエンスZERO」で紹介された細胞内小器官のミトコンドリアが増えるという研究成果があるそうです。

卵子を若返らせることはできませんが、ミトコンドリアを増やすことは細胞を若返らせるため、妊活にも効果があるかもしれない。そう考えることも運動を続ける動機にもなりました。

 

また、イースタティックミネラルを配合した「ミトコア」がミトコンドリアにアプローチするサプリとして販売されておりオススメです。

 

⑥タンパク質多めの食生活

タンパク質はホルモンや筋肉など体づくりに必要な成分のため、必要なのは分かっているのですが、忙しいとパンと牛乳で昼食を済ませてしまう、なんてこともありました。

現代人はタンパク質の摂取量が減っている、というのも頷けます。

体温が昔の日本人と比べて下がっているのも生活習慣の変化とともにタンパク質量が減っているからではないか、とも思ったりしています。

妊活中は、意識してタンパク質をとれるよう、朝食は卵を2個、昼食や夕食では肉か魚のメインがある定食を取るようにしていました。

運動と併せることで、冷えを感じにくくなったと実感しています。

 

⑦表札

もともとスピリチュアルなことはあまり信じてきませんでしたが、目標が叶う可能性が少なくなっていくと頼りたくなってくるものです。

よい運気がくる家は玄関が重要と知り、ちゃんと着けていなかった表札をつくることにしました。

しかも、子どもが喜びそうなデザインのものを注文し、上の子と一緒に取り付けました。

表札を見るたびに「わが家に来るのを待っているよ」と心のなかで思い続けていました。

⑧旅先の子宝祈願

旅行先でいにしえより子宝祈願として地元の方が通われていた場所があれば立ち寄っては手を合わせていました。

妊娠から半年以内に行った場所はこちら。

沖縄 シルミチュー霊場

沖縄県中部にある浜比嘉島の「シルミチュー霊場」は地元でも有名なスポットだそうで、二人の神様がここで子宝をもうけたという言い伝えがあります。

子沢山の沖縄にある子宝スポットに行くというだけでも気持ちが高まりました。

浜比嘉島は本島中部から車でいくことができます。

 

静岡 御胎内神社

 富士サファリパークに行った帰り道に、御胎内神社 にある洞窟「御胎内」に家族で入りました。

上の子とアトラクション気分で入りましたが、実際は本格的な洞窟のようで、受付でヘルメットと懐中電灯を渡されて、人が1人通れる穴に四つん這いで進むイメージです。

途中から真っ暗になるので、懐中電灯を持たない上の子はかなり恐怖だった模様。

抜け出たときは、自分が生まれ変わったような気分になりました。

 

この通り、パワースポット2箇所に行ったためかはわかりませんが、願いが成就された結果となりました。

願う、という行動は前向きな気持なので、願う場所に行く行動も妊活を続ける後押しになったな、と後から思いました。

 

⑨排卵と着床のタイミングチェック

特に治療が必要な障壁はない」という確証がないと、ただでさえつらい妊活を高齢でも続ける自信がないと思っていました。

そのため、排卵と着床のタイミングがずれていないかを確認しました。
それぞれ別物なので紹介しますね。

排卵のタイミングチェック

排卵のタイミングを誤っていたらいつまで経っても妊娠に至りません。

タイミングを正確に把握するため、海外製の排卵検査薬を大量に購入し、クリニックのエコーによる排卵チェックと併用して自分の傾向を確認しておきました。

具体的には、「排卵検査薬が陽性になるタイミングで、エコーの卵胞サイズが19mmだったので今日が陽性なら翌日あたりの排卵とみて間違いない」などです。

なんだかタイミングが良くわからない、といった状態は妊活を続けるモチベーションをくじきかねません。

相手もあることなので、確証を持ってタイミングを把握するようにしました。

 

着床のタイミングチェック

これは排卵と異なり、「着床の窓」が合っているか、という確認です。

「着床の窓」という概念自体は体外受精で移植のタイミングが合っていない場合がある」という情報から始めて知ったのですが、自然妊娠でも当てはまることがあるそうです。

自然妊娠だと窓が空いている期間が「3~4日間」あるそうですが、年齢があがるに従って短くなる傾向にあり、元々ずれていていたら許容範囲から外れる可能性もありました。

「着床の窓」がずれていないかのチェックは「ERA検査」で実施が可能です。

この検査は子宮内膜の組織を採取し、検査を実施しているスペインへ検体を送り、20日前後に結果が届くためクリニックで結果を確認しました。

結果は「Receptive」。

特にずれはなかったため、安心して妊活を続けることができました。

⑩シリンジ法

夫婦仲良く、は大前提ですが「どうしてもこのタイミングでなくてはいけないのに思い通りにいかなかった」が無いように保険として用意していました。

1年で12~3回しかチャンスがないため、1度も逃さないことが大切です。

 

まとめ

いかがでしたか?

43歳で自然妊娠し、44歳で高齢出産するまでに取り組んだことを10個まとめてみました。

どれも成功の秘訣か、と言われると結果論でしかありませんが、どんな状況だとしても行動しないと結果が出る可能性は0%になってしまうため、たんたんと「継続すること」が必要だと思っていました。

高齢妊活は結果が思い通りにならず、時間とともに可能性が減っていく、というストレスフルな状況です。

同じ悩みを抱えている方に少しでも役に立てたら嬉しいです。